☆日帰り割☆日本一の桃源郷「花桃の里」と元善光寺と光前寺の御開帳

日本一の桃源郷「花桃の里」で春を満喫!7年に一度の元善光寺御開帳と光前寺御開帳

募集期間 2022年04月19日
出発日 2022年04月26日
定員 最少催行人員20名
代金

8,000(観光クーポン2,000円分付き)

日帰り割適用前料金13,000円  交通費・昼食代・保険料・税込み

ガイド
その他

・このツアーは信州割SPECIAL日帰り割を活用しています。割引対象者は、長野県にお住まいの「同居家族」(1名での利用も可)ワクチン・検査パッケージ(ワクチン2回接種済または検査での陰性結果の確認)を適用します。


・添乗員同行


・利用バス会社/平成交通


・新型コロナウィルス拡大の場合、コース内容の変更、または旅行が中止になる場合がございます。

みどころ

◇花桃の里

日本一の桃源郷と言われる花桃の里。

4月上旬~5月上旬にかけ、このあたり一帯が桃源郷へと変化します。 伊那谷〜木曽谷を結ぶ国道256号線は「はなもも街道」といわれ、
約40kmにわたり10,000本の花桃が植えられており、
春限定の美しいドライブコースとして賑わっています。

◇昼神温泉ホテル伊那華

豊かな南信州の自然に育まれた野菜や川魚など、安心・安全な食材を使った伊那華自慢のお料理でおもてなしいたします。

◇元善光寺

「御開帳」は、七年に一度、御本尊を納めている厨子(ずし)の扉を開き、一般公開する行事。 元善光寺は、飯田の本多善光(よしみつ)公がご本尊を最初にお祀りした場所で、 長野へのご遷座の際「毎月15日間は飯田に帰る」とお誓いになりました。 そのことから、長野善光寺、飯田元善光寺の両方のお詣りがなければ片詣りとも云われています。

◇光前寺

霊犬早太郎伝説と光苔で有名な光前寺にはしだれ桜が約70本。 見頃は例年4月中旬から下旬。 長野県では善光寺に次ぐ規模の大刹。南信州随一の祈願霊場として広く信仰されています。 樹齢数百年の巨木が立ち並ぶ境内には県宝三重塔が建ちます。 日の光を反射して美しく神秘的な光を放つ光苔は4月中旬から10月下旬頃まで見ることができます。 国の文化財にも指定されている県内唯一の名勝庭園です。 天台宗別格本山光前寺の桜の4月撮影のドローン撮影の映像です。 光前寺住職が先代から育ててきた「光前寺不動滝桜」や「鐘楼の古木」桜など境内には70本のしだれ桜が植えられ、古いものは樹齢約200年。 見頃は例年4月中旬頃で、複数の樹種があルノで咲き始める時季がずれ、花は長ければ3週間くらい楽しめる。

行程

松本(7:00)===(高速)===塩尻(8:00)===(高速)===日本一の桃源郷「花桃の里」10000本の花桃 見学===昼神温泉 ホテル伊那華にてランチバイキング===元善光寺 7年に一度の御開帳===光前寺しだれ桜・ヒカリゴケ・御開帳===(高速)===塩尻(17:30)===(高速)===松本(18:30頃)

お申込み方法

お申込みはお電話から受け付けております。

0263-57-0505

営業時間 9:00 ~ 18:00

お問い合わせへ
ページTOPへ