運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

平成29年5月
平成交通有限会社

弊社では、輸送の安全の重要性を深く認識し、輸送安全マネジメント導入により、次に掲げる「輸送の安全性に関する基本的な方針」の基づき、より一層安全で快適な輸送を実現するべく経営トップをはじめ全社員が一丸となって取り組んでいます。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

(1) 社長及び役員は、輸送の安全確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、安全の確保に資する現場の声を傾聴するとともに、企業理念の浸透を図り、輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を全従業員に徹底してまいります。
企業理念「安全輸送と真心サービス」
バス事業者の根幹は安全輸送であることを社員一人ひとりが充分に認識するとともに、お客様に対し真心のこもったサービスを提供することにより地域社会に貢献します。
(2) 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Chek Act)を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送安全に関する情報については積極的に公表いたします。

2.輸送の安全に関する目標(平成29年度)

(1) 重大事故発生件数0件(前年度発生件数0件)
(2) 有責事故件数の削減目標
車内人事事故 0件維持(前年度発生件数 0件)
人身事故 0件達成(前年度発生件数 0件)
車両事故 2件削減(前年度発生件数 2件)
を目標とします。
平成28年度車両事故内訳
すれ違い時の寄せ過ぎによる破損 1件
トンネル内ミラー損傷 1件

3.輸送の安全に関する充填施策

(1) 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、安全管理規程に定められた事項及び関係法令等を遵守いたします。
(2) 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
(4) 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
(5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします。
(6) グループ企業と密接に協力し、一丸となって輸送の安全性の向上に努めます。
(7) 管理の受委託にかかる委託業務者及びその他関係業務に係る委託事業者と相互に協力し、輸送の安全の向上に協力するよう努めます。

4.安全統括管理者

常務取締役 宮坂清昭

5.安全管理規程

安全性評価認定証

貸切バス事業者安全性評価認定制度のマークはバスの安全運行の、安心と信頼の証です。

anzen_2015

弊社の安全評価認定証は下記よりダウンロードしてご確認下さい。

安全輸送の確保 ~より安全・安心なバスを目指して~

「運輸の安全の確保が最優先であり、社会的使命である」ことを全社員が認識し、輸送の安全に関する計画・実施・氷菓・改善(PDCA)のサイクルを活用し、法令及び規定の遵守を行いながら、社員一丸となって安全輸送徹底を図る。
 弊社の運輸安全報告書は下記よりダウンロードしてご確認下さい。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、AdobeReaderプラグイン(無料)が必要です。
最新版のAdobeReaderはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。

ページTOPへ